HOME › つるわブログ

つるわブログ

鶏玉焼きうどん(しょうゆ味):つるわの超うまレシピ

2012年11月 9日

toritama.jpg

讃岐と言えばなんといっても「讃岐うどん」が名物ですが、もう一つの隠れた名物としてじわじわと知名度を上げてきているのが「骨付鳥」。
讃岐の二大ご当地グルメのコラボレシピをお届けします。

その名も『鶏玉焼きうどん(しょうゆ味)』

骨付鶏の味付をした親鶏(スパイシーチキン)と釜玉うどん(しょうゆ味)の焼きうどんです。
親鶏のコリコリとした食感に釜玉うどんのまろやかさがプラス。
香川県ご当地グルメをコラボした究極の焼きうどんの登場です。
是非お試しください。

調理方法
1)フライパンにチキンオイルを敷きスパイシーチキンを炒めます。
(同時にキャベツ、玉ねぎを入れて炒めるとより一増美味しく頂けます。)
2)つるわの「讃岐うどん生麺 細切り」をゆでます。(美味しいゆで方はこちら
3)ゆでた細切りうどんを入れ一緒に炒めます。
4)その後お皿に盛り細ねぎ、だししょうゆ20ccをかけ、生卵子の黄身だけのせて完成です。

 

ざるうどん:つるわの超うまレシピ

2012年5月28日

zaru_0528.jpg

これからの暑い季節、ここ讃岐でも間違いなくお昼のヘビーローテになる「ざるうどん」。
 
シンプルなだけあって、うどんの風味やコシ、のど越しがダイレクトに味わえる食べ方です。
 
オプションのてんぷらやフライものを天つゆ代わりにつけ出汁に浸して食べるのもいいですよね。
 
 
2.うどんを水で洗い、ざるにあげておく。
 
3.讃岐うどん用つゆ「濃縮タイプ」を水で約2倍に薄めてつけ出汁を作っておく。
 
4.できあがり。のり、唐辛子、ねぎ、生姜はお好みで。
 
 
<材料 2人前>
 
讃岐うどん 生麺「普通切り」・・・1袋
ねぎ・・・適量
おろし生姜・・・適量
のり・・・適量
讃岐うどん用つゆ「濃縮タイプ」・・・適量
 
 
<ポイント>
 
ざるうどんのように冷水でしめてから食べる場合は麺が固くなりますので通常より長めにゆでるとちょうどいい硬さになります。目安としては説明書記載の時間より10分ほど長くゆでるとちょうどよくなると思います。

かけうどん(ひやあつ):つるわの超うまレシピ

2012年4月27日

kake_0427.jpg

本場さぬきでいちばんポピュラーなうどんメニューです。新規うどん店を開拓する場合はまずは「かけうどん」で麺や出汁の味を試す方も多いです。
セルフ店ではかけうどんにトッピングの油揚げや天ぷらを乗せて自分流にアレンジします。
 
ご家庭でも色々なトッピングや薬味を揃えてみんなで食べ比べるのも楽しいですね。
 
 
2.うどんを水で洗い、どんぶりに移しておく。
 
3.かまぼこ、ねぎ、お好みで生姜をうどんに乗せる。
 
4.讃岐うどん用つゆ「ストレートタイプ」を熱しておき、3の上からかける。
 
 
 
<材料 2人前>
 
かまぼこ・・・適量
ねぎ・・・適量
おろし生姜・・・適量
 
<ポイント>
 
本場さぬき(香川県)では、冷たい麺に温かいつゆ(出汁)をかける「ひやあつ」という食べ方を好む人がたくさんいます。うどんは噛まずにのど越しを楽しむ讃岐人ならではの食べ方ですね。もちろん「あつあつ(麺も出汁も温かい)」でも美味しいですし、夏場は「ひやひや(麺も出汁も冷たい)」も美味しいですよ!

うどんの美味しい食べ方をご紹介します

2012年4月26日

cook005.jpgここでは、かけ、ぶっかけ、釜玉、などの讃岐流うどんや個性豊かなオリジナルうどんなど、色々な美味しい食べ方をご紹介してまいります。

1