HOME › つるわブログ

つるわブログ

かけうどん(ひやあつ):つるわの超うまレシピ

2012年4月27日

kake_0427.jpg

本場さぬきでいちばんポピュラーなうどんメニューです。新規うどん店を開拓する場合はまずは「かけうどん」で麺や出汁の味を試す方も多いです。
セルフ店ではかけうどんにトッピングの油揚げや天ぷらを乗せて自分流にアレンジします。
 
ご家庭でも色々なトッピングや薬味を揃えてみんなで食べ比べるのも楽しいですね。
 
 
2.うどんを水で洗い、どんぶりに移しておく。
 
3.かまぼこ、ねぎ、お好みで生姜をうどんに乗せる。
 
4.讃岐うどん用つゆ「ストレートタイプ」を熱しておき、3の上からかける。
 
 
 
<材料 2人前>
 
かまぼこ・・・適量
ねぎ・・・適量
おろし生姜・・・適量
 
<ポイント>
 
本場さぬき(香川県)では、冷たい麺に温かいつゆ(出汁)をかける「ひやあつ」という食べ方を好む人がたくさんいます。うどんは噛まずにのど越しを楽しむ讃岐人ならではの食べ方ですね。もちろん「あつあつ(麺も出汁も温かい)」でも美味しいですし、夏場は「ひやひや(麺も出汁も冷たい)」も美味しいですよ!

美味しいうどんのゆで方をご紹介します

2012年4月26日

『手打うどんつるわ』のおうどんを美味しく召し上がっていただけますよう、ゆで方をご紹介いたします。

【1】湯を沸騰させる

大きな鍋に1~2リットル以上の水を沸騰させておきます。
お湯は、多い程良いです。

【2】ゆでる前に麺の粉を洗い流す

麺をざるかごに入れ、上から水をまんべんなくかけて粉を手早く洗い流してから、すぐに沸騰した鍋に入れてください。

  • ※粉を洗い流す際、手は触れないようにしてください。
    麺が変形したり、くっつく恐れがあります。
  • ※粉はコンスターチ(でんぷん)です。洗い流さずそのまま鍋に入れますと、お湯が粘って上手にゆでる事ができませんので必ず洗い流してください。

【3】軽く混ぜる

20~30秒後、お湯が再度沸き始めましたら、箸で麺が鍋の底にくっつかないように軽く混ぜてください。

【4】弱火にしてゆで上げる

お湯が鍋からこぼれない程度の火加減(弱火)にし、普通切り麺は13~15分、細切り麺は8~9分ゆで上げてください。

udon_flow005.jpg

【5】よく水洗いする

ざるうどんやぶっかけうどんなどで召し上がる場合は、ゆで上げた麺をよく水洗いして器に盛ってください。
釜揚げうどんなど、温かいうどんの場合は、水洗いせず熱いままでお召し上がりください。

うどんの美味しい食べ方をご紹介します

2012年4月26日

cook005.jpgここでは、かけ、ぶっかけ、釜玉、などの讃岐流うどんや個性豊かなオリジナルうどんなど、色々な美味しい食べ方をご紹介してまいります。

1